ロゴ

事前準備をしっかりしておけば葬儀費用を安くすることが可能

葬儀ではやるべきことがたくさん

大切な人が亡くなると、葬儀を執り行うことになります。臨終から納骨するまでやるべきことが山程ありますので、知識をつけないと様々な対処をすることができません。いざという時に慌てないためにも、色んな情報を頭に入れておきましょう。

葬儀関連のお役立ち情報

線香

納骨堂の選定方法

遺骨はお墓に納骨するのが一般的ですが、近年では納骨堂に納骨する方も増えつつあります。ひと口に納骨堂といっても様々なタイプがありますので、どのような納骨堂であれば、故人のためになるのか考えないといけません。

詳しくはコチラ

色んなスタイルの葬儀が増えている

葬儀は一般葬以外にも様々なタイプの葬儀があります。近頃増えてきたのが、家族葬と直葬です。この二つの葬儀にはどのような特徴があるのか、まとめてみましたので参考にしてみてください。

家族葬と直葬の特徴を比較

家族葬

遺族やごく一部の友人知人のみ参列して執り行う葬儀です。参列者が少ないため、故人との最後の時をゆっくりと過ごすことができます。また、比較的自由に葬儀内容を決められるのも大きな特徴と言えます。

直葬

臨終後、お通夜や告別式を執り行わずにそのまま火葬する葬儀です。なお、亡くなってから丸一日経過してからでないと火葬が行えないという法律がありますので、亡くなって次の日以降に執り行うことになります。

葬儀の費用をなるべく安く抑える2つのポイント

数珠

どのような葬儀をするのか決めておく

葬儀の費用を安くするためには、何よりもまず葬儀内容について明確化しないといけません。明確にしておけば、後で余分なオプションを追加せずに済みます。故人から生前に「こんな葬儀をしてほしい」と聞いていればベストですが、そうでなければ葬儀社に相談する前に、家族や親戚とよく話し合って葬儀内容を決めておきましょう。

仏壇

見積もりの内容をチェックしよう

葬儀にかかる費用の中には変動費というものがあります。この変動費には、飲食接待にかかるものや香典返しなどが含まれますが、葬儀にどれだけの人数が参列したかによって金額が変わってきます。見積書をもらったら、変動費の単価がいくらなのか確認してください。単価を把握していれば、想定していた時よりも参列者が増えても、いくらぐらいになるのか分かります。

準備をすれば安くできる

葬儀を安くしたいのであれば、「葬儀にかかる費用の相場はいくらなのか」「どのような葬儀をすれば故人が喜ぶのか」などといったことを前もって考えておくことが大事です。

[PR]
葬儀会社を世田谷区で利用しよう
プロが親身に対応してくれる

[PR]
寝屋川で家族葬を提供中♪
料金価格が良心的☆