ロゴ

納骨堂を選ぶコツ[後で後悔しないために]

>info>納骨堂に遺骨を納めるなら選定は慎重に検討を

納骨堂の種類はさまざま

納骨堂はどこを選んでも同じというわけではありません。葬儀には家族葬や直葬といった様々なタイプがあるように、納骨堂にも実に色んなタイプの納骨堂があります。それぞれのタイプにメリットがありますので、よく考えてから選ぶようにしましょう。

納骨堂のタイプ

  • ロッカータイプ
  • 仏壇タイプ
  • 位牌タイプ
  • 機械タイプ
  • 合葬タイプ

どうやって契約すればいいか分からない

納骨堂は年々増えてきていますが、まだまだ一般的ではないので、契約の仕方が分からないという方は少なからずいらっしゃると思います。そのような方に向けて、契約するまでの流れを記載しました。

納骨堂を契約するまでのフロー

葬式

資料を請求

まずはインターネットで納骨堂の情報について調べてみましょう。気になる納骨堂があれば、片っ端から資料請求をしてください。理想的な納骨堂が見つかりましたら、見学したい旨の問い合わせをしましょう。

納骨堂を見学

見学する際は、納骨堂の設備など細かくチェックしましょう。分からないことがあれば、どんどん担当スタッフに質問をしてください。事前に疑問点をリスト化しておけば、「質問をし忘れたものがあった」というのが無くなりますよ。

契約

見学をして、条件が納得できるものであれば、契約を結びましょう。そして、葬儀を執り行ったら遺骨を納骨堂に納めます。その後は、納骨堂にお参りすることができるようになります。

納骨堂に遺骨を納めるなら選定は慎重に検討を

線香

失敗しない納骨堂の選び方の秘訣

納骨堂を適当に選んでしまうと、後でトラブルが発生してしまう可能性がありますので、じっくりと考える必要があります。選び方のポイントとしては、まずアクセスのしやすさについてです。お参りする際は、バスや電車、車や徒歩などさまざまな手段で納骨堂に訪れることになります。アクセスが悪いところだと、納骨堂に到着するまでかなりの時間を要してしまいます。年配の方だと身体に負担がかかってしまいますので、アクセスがしやすいところが良いでしょう。また、納骨堂によって、納めることができる遺骨の人数が異なります。納める遺骨は一人分で良いのかそれとも将来的に家族の分も納めるのかを決めておきましょう。そして、将来的に自身や家族の分の遺骨も納めたい場合は、何人分まで納めることができるのか確認するようにしてください。