ロゴ

納骨堂は永代供養も頼むことができる【利用者の傾向を調査】

HOME>レポート>納骨堂の利用法もチェック【利用者が増加している方法】

納骨堂の利用法もチェック【利用者が増加している方法】

花

室内で骨壷を管理する

少子高齢化に伴い、お墓を継承する家族がいないという方や夫婦のみの家族の場合に人気となっているのが、室内のお堂で骨壷を管理する納骨堂です。室内に個人または夫婦などで1つのスペースを使用するタイプのものや、省スペースを希望する方向けにロッカータイプのものなどがあります。お寺の敷地内に納骨堂がある場合が多く、引き継ぐ子孫がいない場合でも永代供養を利用する事で骨壷が守られるため安心です。特徴としては、仏壇タイプのものでは遺影や花を飾るスペースを確保でき、ほとんどの納骨堂では夫婦で同じスペースに納骨を依頼する事も可能です。これまで所有していたお墓を閉じて納骨堂に移動する事も可能となっているため、墓じまいを検討している家庭の利用も増えています。

仏壇

屋外墓地との違いを知る

一般的な屋外墓地と納骨堂の違いは、骨壷を納めた場所が室内になる事でお線香などの火を利用するお墓まいりの方法は行えないケースが多いため、気をつける必要があります。故人が好きだったお菓子やお花などを供えることは出来るところが多く、あらかじめどのようなお墓まいりの方法が出来るのかを確認しておくと安心です。納骨堂のシステムによっては、お線香やろうそくでのお墓まいりが可能となっているところもあります。室内のメリットとしては、雨などで天候が悪い日でも納骨堂の場合はお墓まいりしやすくなっている事が挙げられます。仕事などで忙しくお墓まいりが出来る日が限られている方でも、天候に左右されずにお墓まいりが出来るため利用しやすく便利です。